テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
ツイッター フェイスブック インスタグラム
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
EXAMPLE
作品・施工例
家具
Furniture
株式会社いるか設計集団様

写真をクリックすると拡大表示します。 

 ■低速燃焼バーチデスク
  設計・制作 :株式会社いるか設計集団 様
  担当 :殿井 直 様
  使用 :低速燃焼バーチ 30mm 蜜蝋仕上
  プレカットサイズ
    ・3050x755x30mm
    ・1550x755x30mm 
    ・680x755x30mm 
    ・680x755x30mm 
    ・95x755x30mm

  ■施工レポート
  到着した日は雨でしたが、合板表面を触った感じは、
  特に湿気を多く含んだ印象もなく、サンダー掛け、拭き取り、塗装と作業しました。
  サンダーは、800番で結構こすりました。
  表面はほどほどに繊維感を残しつつ、さらっと優しい感じになりました。
  320番→800番くらいにしとけば、もっと楽にやれたと後悔しています。
  バーチとは別に、パインの集成材を320番+1200番でかけたところ、つるつるに。
  実践と実験の順序を間違えた。
  表面の継ぎ目地は、タミヤの模型用ホワイトパテで埋めて、もろともサンダー掛け。
  サンダー後、絞りまくった雑巾で空拭き、扇風機で数時間乾燥させてから蜜蝋塗り。
  https://mitsurouwax.com/
  小川耕太郎∞百合子社の蜜蝋100mlをスポンジで施工。
  100mlの塗り面積の目安は、杉7m2、ヒノキ・パイン9m2、広葉樹10m2〜。
  今回濡れたのは、バーチ:3.5m2、パイン1.15m2でした。
  表面の磨きが甘かったのもあり、結構な吸い込みとなった印象です。
  パインはしっかり磨いたので、伸びがよく、同量でバーチの2倍くらいは塗れたと思います。
  雨模様でしたが、乾燥時間は製品標準の半日〜1日程度で落ちついていた思います。
  念のため日曜を挟んだので、実際には2日ほどの乾燥ですね。
  重いこと以外は、強度、見た目、問題なしです。
  ビスもんだりしてないので、加工性はわかりません。

  ■使用レポート
  最初は蜜蝋は塗らないつもりでしたが、濡れた郵便物を置かれ、白っぽくシミができてしまい、
  これは塗った方がええなと。
  パインの集成材も無塗装で使ってましたが、キーボードやマウスを使うところは
  黒くなってきてたので、塗装は必要ですね。
  塗装完了後、少し水滴を飛ばして、30秒ほど放っておきましたが、
  まあまあ弾いてくれて、跡は残らずでした。
  撥水性は塗料と表面加工次第やと思いますが。
  上からボールペンで普通の筆圧で字を書くと、若干跡がつきますが、
  文字が判別できない程度、その後の使用に差し支えない程度です。
  マウスや書類のすべりはほどほどでとても良いです。
  製図板の代わりのオフィスのデスク、作業台として、なかなか優秀やと思います。

  使用から2週間ほど経ちました。
  蜜蝋は塗って正解でした。
  馴染んできてます。
  構造材を無理矢理使った感じがないのがええとこです。
  タミヤのパテ¥200も我ながらいい仕上りです。