テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
ツイッター フェイスブック インスタグラム
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
テツヤ・ジャパン
EXAMPLE                                                作品・施工例
建築                                                           Architecture
acaa

写真をクリックすると拡大表示します。 
  ■片瀬山の家
    棚~ダイニングテーブル~キッチンカウンターまで同じレベルでロシアバーチを使っています。
    集成材で同じ様なことは過去に幾度もやっていますが、集成材の積層方向がはっきりと視認されてしまい、
    コーナー部やカウンターとダイニングがぶつかるところや、カウンターとキッチン台がぶつかるところで、
    どちら勝ちに納めるか悩んでしまい、結果的に綺麗に収まりません。
    こういった水平性としての「面」で納めたいばあい、ロシアバーチのような積層する線が表面化しない「面材」がよいと
    思ったのです。
    
    写真:上田宏
    設計:acaa